紫外線の髪や頭皮への影響やダメージ

肌老化と言う言葉がありますが、これは文字通り、肌が老化してしまう現象のことです。この肌老化の発生は、昔は年齢を重ねることが最たる原因だとされていました。しかし最近になって、実は加齢ではなく紫外線によるダメージが最も大きな原因であると言うことが明らかになっています。そして肌老化は、頭皮にも起こりうることです。ここは特に、日光を直接、浴びる部位でもあるため、そのダメージを受けやすい、そしてそれが蓄積されやすい部位であり、肌老化が発生しやすい部位と言うことができます。もう少し詳しく解説すると紫外線を浴びることで、体内では細胞を傷つける活性酸素と呼ばれる物質が発生します。それによって、頭皮の柔らかさを支えているコラーゲンが破壊されてしまうため、その影響で頭皮が硬くなってしまって、血行不良が起こりやすくなってしまいます。すると発毛や育毛に良くない影響が出てくる可能性が高くなります。そして活性酸素は、発毛や育毛に対して大きな役割を果たしている毛母細胞も傷つけてしまうため、より一層、髪が生えにくく、育ちにくくなってしまうと言うわけです。また髪の毛の大部分はタンパク質で構成されているのですが、紫外線にはこのタンパク質を破壊する作用もあるため、今ある髪に対しても、傷みが発生する、また傷みによって細くなってしまうなどの影響が出てくることが考えられます。

 

頭皮のかゆみ